No7 (2016)

2016年03月24日 16:53

3Sニュースレター

3Sは、多くの機会と挑戦を持って新年の業務を開始しました。

2016年の第一四半期を振り返りましょう。

CeBITは1986年から毎年、独ハノーバーで開かれている世界最大のIT関連専門展示会です。今年は世界70か国・地域から約3300社が出展して、IT関連の幅広い分野の展示がなされ、ネットワーク構築や管理、データベース管理、データ分析、リサーチ手法、ITソリューションなど、現代社会のビジネスを運用するに当たって欠かせない最新技術の発表がなされました。 トップテーマは「d!conomy: join - create - succeed」。「d!conomy(ディコノミー)」は、デジタル化とエコノミーをつなげた造語。2015年にCeBITで提唱されたこの言葉には、デジタル化が経済・社会のあらゆる分野に浸透し、単なる一時的な現象ではなく、継続性があり、長期的に経済・社会のあり方を変革する力を持っているというメッセージが込められています。 CeBIT 2016では、d!conomyをさらに発展させ、業界や企業規模を問わず、デジタル化途上の業種・企業・経営者にも広く呼びかけるという意味で、「join(参加)-create(創造)-succeed(成功)」が掲げられました。メルケル首相は「デジタル化による新たなチャンスを自社の成長に取り込めるかが成否を握る」と発言、CeBITがもたらすビジネス成果に期待を寄せています。また、ドイツの経済・エネルギー大臣、ジグマール・ガブリエル氏は新しく制定されたドイツ「デジタル戦略2025」を発表しました。

ドイツメッセ CeBIT 担当取締役副社長 Oliver Frese(オリバー・. フレーゼ)によると、今年のCeBITはデジタル経済と市場、デジタルインフラデジタル社会に焦点すること。今年の参加は2回目であり、前回と同様に3Sは欧州市場への事業・サービスを展開することや政界の新しい技術に近づくことを期待しています。

100 Le Lai, Hai Chau, Da Nang に位置している3Sのダナン事務所は2016年3月に設立されました。プロの作業環境と良い待遇制度で、3Sダナンは、ベトナム中部の有能な開発者に対する目的地であることを望んでいます。

「100のレジリエンス都市」の枠組みの下で、3月16日の朝、3Sインターソフトとのコラボレーションでダナン気候変動コーディネーションオフィス(CCCO)は、ダナン市の回復力戦略の立案における3Sのクライシス・マネージメント・システムの適用性を紹介するためのワークショップを開催しました。

(ccco.danang.gov.vnの通り)

ベトナム情報技術のニュース

2016 IBMビジネス・コネクト会議でIBMベトナムはベトナムの組織や企業にコグニティブ(認知型)・コンピューティングについて紹介しました。グローバル研究所、IBMリサーチの副社長であるロバート・モリス氏によると、認知コンピューティングは、人間とコンピュータの相互作用の方式を変更することができます。人間の脳の活動を模倣することで、医療、通信、石油ガス分野での問題を解決することができます。認知コンピューティングは、ソーシャルネットワーク、モバイル、インターネットから毎日生み出されているデータの京バイトの80%を認知することができ、人に病気の治療から服を選ぶことなどまでの決定を助けることができます。

(ictnews.vnの通り)

日経新聞によると、ベトナムのFPTグループはテレコムとコア技術に焦点を当てることを報告しました。そのため、卸売・小売部門を売却する計画があります。 この取引の価値は約2.3兆~2.7兆ベトナムドン(1.03億~1.21億ドル)と想定されています。 FPTは、このお金を技術基盤と新しい通信サービスに投資することが見込まれています。

(cafebiz.vnの通り)

世界情報技術のニュース

アップルは、3月21日にiPhone SEと小さいサイズのiPad Pro 9.7インチを発表しました。イベントでは製品についてだけでなく、米国では世論を二分する「アップル vs FBI」の話題や、環境・健康への取り組みなど社会貢献・社会的責任についても紹介されました。Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック(Tim Cook)氏は「一月前、われわれは国中のアメリカ人にこの議論への参加を呼びかけた。われわれは国家として、政府がわれわれのデータとわれわれのプライバシーに関してどこまで力を持つべきか決めなくてはならない」と現在進行中のFBIとの紛争について語りました。

人工知能AlphaGoと、「世界最強の棋士」と言われる韓国のイ・セドル九段(33)の第5局の対局が5時間半行われた後、4勝1敗でAlphaGoの圧勝に終わりました。人工知能「AlphaGoアルファ碁」はグーグル傘下のグーグル・ディープマインド社によって、イギリス・ロンドンで2015年10月に開発されたソフトウェアです。なお、ディープマインドの創立者はチェスの天才・ プログラムの天才デミス・ハサビス氏でです。今までは、AlphaGoに蓄積されたデータは約80年間プレーする経験に同等である膨大な対局データです。

ご存知ですか?

CeBITに出展したのは昨年に続き2回目になり、竹トンボは再び飛んで、3Sに多くのチャンスをもたらします。3Sの会長であるギア氏とCOOであるトアン氏が見本市へ持って来たウトソーシングサービスに関するチラシの400枚とクライシス・マネージメント・システム、Readyアプリ、Tapeeのような自社パッケージを紹介するチラシの600枚は全て4日間で配られました。

特に、RFID技術やNFCマーケティングサービス、クライシス・マネージメント・システムは最も注目を集めました。名刺カードを100枚交換することで、3Sはアウトソーシングサービスや製品に興味を持っている潜在的な顧客からの連絡先を62件受け取りました。