No4 (2015)

2015年01月30日 11:20

まだ2015年の第一四半期しか経っていないのですが、IT業界の生活のリズムは活気に満ち溢れた時期でした。さて、3Sと一緒にこの3ヶ月の目立ったイベントや情報をいち早く見ていきましょう

3Sニュースレター

2015年の第1四半期の終わりに、3Sの人数が73人になっており、年頭に立案した計画に従って次の各四半期で引き続き、この数は規模が大きくないくだけではなく、リソースの品質も向上していく見込みです。現在、3Sインターソフトの戦略的なパートナー・顧客は主に日本の顧客であり、売上全体の67%を占めています。次は香港の顧客(26%)で、残りの7%はイギリス、アメリカ、ヨーロッパー、ベトナムの市場です。

アウトソーシングのほか、効率の高い実践応用性且つ創造性を持つ戦略的なベトナム製の商品を造り出すことが出来る、ベトナムの少数のハイテク企業の一つになることを目指して、2015/01/01にR&Dという商品開発研究チームが正式に誕生しました。現在、Crisisという企業向け危機管理システム、及びモバイルで経営している対象向けのShopAppアプリなどを開発していることで、R&Dチームは3Sにとどまらず、ベトナムのソフトウェア業界のための正しい歩む方向性を徐々に確立していきます。

ベトナム情報技術のニュース

2015年3月13日の夜に、ネットワークセキュリティのウェブサイトのsecuritydaily.netによると、DIE Groupというベトナム人のハッカー達がsoctrang.vnpt.vn のWebページの脆弱性を攻撃し、氏名、住所、電話番号などVNPTの5万人以上の顧客の個人情報を公開したということです。これは年頭以来一番深刻な情報セキュリティの事故だと思われ、ベトナムのウェブサイトのネットワークセキュリティ・情報セキュリティに対して警鐘を鳴らしています。

(ictnews.vn より)

WeAreSocial の2015年3月までの報告によると、ベトナムの人口45%、すなわち4千1百万人のベトナム人がインターネットを使用しているということです。その中、3千万人がソーシャルネットワーク(SNS)を使用し、モバイルでSNSを利用している人数が2千6百万人になっていることが分かりました。統計によると、ベトナム人の1日当たりのインターネットサーフィン時間について、パソコン利用者は5時間以上、モバイル利用者は3時間近くに及んでいるそうです。また、これらの時間の殆どがSNS各種利用のためで、ベトナム人一人のSNS平均利用時間が2時間であることも明らかになりました。

(wearesocial.netより)

世界技術情報のニュース

2015の第一四半期の最も大きな関心の的となったイベントは、2014年10月16日から20日まで、ドイツ・ハノーバーで開催された世界最大の国際情報通信技術見本市です。今年の見本市の実績として、来場者数は110カ国より21万人(内CEO 2000人)、商談額は250億ユーロを達成したということです。今回のイベントに、ベトナムの3Sインターソフトは、Nghia.TD会長によって直接紹介された「企業向けグローバル危機管理システム」(Crisis management system)といった、戦略的自社開発ソリューションとしてブースを出展しました。この危機管理システムは、CeBITで展示された創造性・応用性の高い技術製品のトップ350に入っています。統計によると、今年の見本市では、顧客3名に1名が企業又はカルテルの上級管理者で、2014年より潜在顧客は6%伸ばしています。また、世界中の講演者200名ほど集まりました。その中、情報技術業界で非常に名高いジェレミー・リフキン氏(メリーランド州ベテスダにある「経済動向に関する研究財団」の会長)及び、エドワード・スノーデン氏(世界を喚起したアメリカ合衆国の秘密を暴露した同国の元情報工学者)の出席に注目を集めていた。CeBIT 2015見本市は、3Sの成長に対する機会と挑戦をもたらしており、3Sのことを世界に宣伝していくチャネルでもあります。

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、Facebookの開発者会議(F8 2015)2日目の放送の直前に、人々を驚かせるほど、インターネット環境を持たない地域の人々をネットにつなげることを目標として立ち上げられた「internet.org」というプロジェクトについて報告しました。無人飛行機を用いたインターネット接続網構築プロジェクトのテストが無事に完了したことを明らかにしました。この無人機の最終デザインは翼幅が「Boeing 737」より大きく、重量は自動車1台より軽いものになります。翼に設置された太陽光電池パネルによって駆動し、燃料補給することなく高度約6万フィート(約1万8000メートル)以上を数カ月間飛行可能ということです。

(Facebookより)

 

ご存知ですか?

 

CeBIT2015のメインテーマはデジタル経済「d!conomy」で、ビジネスと社会のあらゆる領域で急速に拡大しつつあるOTの影響力と、技術革新のカギであるITの役割に焦点があてられています。 危機管理システムの開発で、3Sは世界のこのような趨勢に合わせてわずかな力を捧げております。

IoT(モノのインターネットーInternet of Thingsの省略)及びMLaaS(Machine Learning as a Serviceの省略)技術は世界中のハイテク企業の起業のための基盤・趨勢になっています。詳細は:https://www.code-n.org/cebit.html でご覧ください。